本文へスキップ

学習院大学計算機センター2015年度特別研究プロジェクト
2016〜2017年度科学研究費助成事業(科研費)若手研究(B)

プロジェクト紹介Project Introduction

学習院大学計算機センター2015年度特別研究プロジェクト「ネットワークコミュニケーション関する動画教材の開発」および2016〜2017年度科学研究費助成事業(科研費)若手研究(B)「SNSにおける適切なコミュニケーションを学習するアニメーション教材の開発と展開」についてご紹介いたします。

このプロジェクトについて

プロジェクトイメージ

――研究の目的――

 本研究は、中学校技術科・高等学校情報科において、グループSNSの適切な利用やグループSNSでの適切なコミュニケーションを学習するための動画教材開発を目的としています。

――研究の背景――

 近年、学校での人間関係は、SNSの登場によりオンラインへ拡張し、家に帰ってからもグループSNS等によって学校での人間関係に縛られるようになってきました。グループSNSでの反応が悪い生徒は「はずし」と呼ばれる行為を受け、グループSNS上だけではなく、学校でも無視されるなど、現実世界での人間関係に支障をきたすことになってしまいます。これを避けるために、浅い人間関係を好む生徒もグループSNSに縛られる生活を強いられることになり、多大なストレスを感じてしまうという実態があります。

 また、社会的には「グループSNSをやめれば良い」と考えられがちですが、グループSNSに参加しないことだけで、相手にされなくなるという実態があるのも現状です。さらに「はずし」を行う生徒は、グループSNSでの発言に反応しない生徒に対して、せっかく築き上げた人間関係を壊されたという被害者意識を持っており、加害者意識ではないのが特徴となっています。

 本来グループSNSは、適切に利用することで、活発な情報交換やコミュニケーションの促進が可能となる有益なツールですが、不適切な使用方法により、このようなグループSNSでの人間関係に関するトラブルが近年社会問題となってきています。また、SNS上での人間関係のトラブルは頻繁に発生していますが、情報モラルに関する教育分野は、特に生徒から興味を持たれない分野であり、生徒の興味・関心を高める教材の開発は急務となっています。

アニメ

――そこでどうするか――

 本研究では、@グループSNSの適切な利用や人間関係を学習するための生徒の興味・関心を高める動画教材を開発し、A学校で授業実践・検証し、B効果を評価するとともに、C公表する予定です。

 生徒が日常的に用いるグループSNSを適切に、有効に活用するためには、学校教育や家庭教育で利用可能な教材と指導方法の開発・提案は必要不可欠となっています。本研究で生徒の興味・関心を高める教材を開発し、これらを活用した教育実践を行うことで、生徒にネットワーク(特にグループSNS)を通じたコミュニケーションについての理解を深めるとともに、技術を適切に評価し活用する能力と態度を育てることに極めて効果的であると考えられます。

研究の内容・方法

――実態の把握――

・児童・生徒の実態やグループSNSに関する指導を確認し、取り組むべき内容を抽出します。
・学習指導要領の中で、コミュニケーションに関する場面を抽出し、学習テーマを設定します。

――教材開発――

・グループSNSでのコミュニケーションを学習する動画教材を製作します。
 開発する教材は、生徒の興味・関心を高めるために、アニメーション教材とします。
 また、開発する教材は、個別学習だけでなく、普通教室での全体学習にも使用できるものとします。

――実践と改善――

・教育現場で教材・教具を活用し、実践します。
・実践結果について教師や大学教員から評価を受け、教材およびカリキュラムを改善します。

――研究成果の発信――

・研究成果を論文等で発信するだけでなく、Webや展示会を通して、開発した教材や学習指導案も公開する予定です。

 具体的に教育現場に提供するものとして
 @グループSNSに関する児童・生徒の実態報告
 AグループSNSでの適切なコミュニケーションを学習する教材
 B学習指導案例
 を学校等の教育現場に提供する予定です。
 提供の方法は、紙媒体、電子媒体、Web、展示会等を通して、広く一般に入手できるように実施する予定です。

開発した動画教材

――教材の公開スケジュール――

・2015年09月23日(水)開催の「日本教育工学会・第31回全国大会」(3日目)で口頭発表いたします。
 (学習コンテンツ開発・評価(2)「情報コミュニケーションを学習するアニメーション教材の開発」にて)
・2015年10月09日(金)および10月16日(金)に、埼玉大学にて本教材を活用した実験授業を実施いたします。
・2015年10月17日(土)にソニックシティで開催される「アニ玉祭」にて、教材第1弾を一般公開いたします。
・2016年10月09日(日)にソニックシティで開催される「アニ玉祭」にて、教材第2・3弾を一般公開いたします。
・2016年10月27日(木)に、教材第4弾〜匿名でも要注意編〜を一般公開いたします。
・2017年09月28日(木)に、教材第5弾〜ネットゲーム依存編〜を一般公開いたします。

SNSを上手に使おう!〜写真公開編〜(2015年10月17日(土)公開)

【CAST】美咲:木下鈴奈、愛梨:宮地真理子、翔太:堀内隼人、大和:ワイドビュー伊藤、ごめんくま:隊長
【プロデューサー】伊藤大河、大野志郎、平田実 【アニメーション制作】キャラクション 【監督】山本雄三
【協力】田村怜未、神谷匠、須上佳名子、学習院コンピュータシステム支援組織
【製作・著作】学習院大学計算機センター特研アニメプロジェクト2015

SNSを上手に使おう!〜その写真だいじょうぶ?編〜(2016年10月9日(日)公開)

【CAST】美咲:木下鈴奈、愛梨:宮地真理子、翔太:堀内隼人、大和:三苫紘平、ごめんくま:隊長
【プロデューサー】伊藤大河、平田実 【アニメーション制作】キャラクション 【監督】山本雄三
【背景】山田ヨシノブ 【協力】末永貴之、学習院コンピュータシステム支援組織
【製作・著作】伊藤大河、SNSアニメ教材製作プロジェクト
※このアニメーション教材は、JSPS科研費JP16K21344の助成を受けたものです。

SNSを上手に使おう!〜選挙運動編〜(2016年10月9日(日)公開)

【CAST】美咲:木下鈴奈、愛梨:宮地真理子、翔太:堀内隼人、大和:三苫紘平、ごめんくま:隊長
【プロデューサー】伊藤大河、平田実 【アニメーション制作】キャラクション 【監督】山本雄三
【背景】山田ヨシノブ 【協力】末永貴之、学習院コンピュータシステム支援組織
【製作・著作】伊藤大河、SNSアニメ教材製作プロジェクト
※このアニメーション教材は、JSPS科研費JP16K21344の助成を受けたものです。

SNSを上手に使おう!〜匿名でも要注意編〜(2016年10月27日(木)公開)

【CAST】美咲:木下鈴奈、愛梨:宮地真理子、翔太:堀内隼人、大和:三苫紘平、ごめんくま:隊長
【プロデューサー】伊藤大河、平田実 【アニメーション制作】キャラクション 【監督】山本雄三
【背景】山田ヨシノブ 【協力】末永貴之、学習院コンピュータシステム支援組織
【製作・著作】伊藤大河、SNSアニメ教材製作プロジェクト
※このアニメーション教材は、JSPS科研費JP16K21344の助成を受けたものです。

SNSを上手に使おう!〜ネットゲーム依存編〜(2017年09月28日(木)公開)

【CAST】美咲:木下鈴奈、愛梨:宮地真理子、翔太:堀内隼人、大和:三苫紘平、ごめんくま:隊長
【プロデューサー】伊藤大河、平田実 【アニメーション制作】キャラクション 【監督】山本雄三
【背景】山田ヨシノブ 【協力】末永貴之、学習院コンピュータシステム支援組織
【製作・著作】伊藤大河、SNSアニメ教材製作プロジェクト
※このアニメーション教材は、JSPS科研費JP16K21344の助成を受けたものです。


お問い合わせ

〒344-0051
埼玉県春日部市内牧4158

共栄大学 伊藤研究室内
SNSアニメ製作プロジェクト

研究代表:伊藤

共同研究:大野・大久保・安部



illustrations by ちゃもーい